テント・ストーブ

テントサウナはどこで楽しめばいいですか?

車一台分程度の平らなスペースがあればご自宅の庭等でも行えます。 キャンプ場、河原等でも行えますが、管理者のいる土地に関しては管理者の指示にしたがってください。 また、薪ストーブが傾いていると危険ですので、できるだけ平らな土地で行うようにしてください。

テントサウナはどんな服装でするの?

基本的にどのような服装でも楽しめますが、大量の汗をかいたり水を浴びて体を冷やすため、水着等がおすすめです。 また、頭皮や髪を保護するためにサウナハットの着用もおすすめです。

薪はどれくらい準備すればいいですか?

薪の種類や乾燥率にもよって変わりますが、おおむね1束(5kg~7kg)で1時間くらい持ちます。 サウナを楽しむ時間を考えて用意しましょう.

一酸化炭素中毒を防ぐにはどうすればいいですか?

使用中はテントの換気口を常に開放し、新鮮な空気を取り込めるよう注意してください。塞いだままの使用は、ストーブの不完全燃焼を引き起こし、一酸化炭素中毒や燃焼不良による火災等の危険があります。 ストーブのガラス窓を解放したまま使用しないでください。破損等により扉が閉まらない時は、直ちに使用を中止してください。テント内部に煙と一酸化炭素が充満し、極めて危険です。

安全面で気を付けることは?

火を使うため火傷に注意してお楽しみください。 火入れした後のストーブを扱う際は必ず耐熱グローブを利用し、テントから出入りをする際等にストーブ本体に体が触れないようご注意ください。

メンテナンスって必要ですか?

ギアを長持ちさせるためにもメンテナンスは必要です。

テント:使用後は、泥や煤などの汚れを、柔らかなスポンジなどを使って、水で洗い落とすか、濡れたタオルで拭き取り、陰干しでしっかり乾燥させてから保管してください。

ストーブ:ストーブは、ご使用後に必ずストーブの炉内および煙突内部の煤や燃え残りなどを、ブラシ等を使って除去してください。 水で洗う場合は柔らかなスポンジなどを使い、洗浄後はしっかり乾燥させ てください。 水分が残っていると、錆発生の原因となります。

テントサウナを楽しむために他に必要なものって?

テントサウナの組み立てから入浴には、以下のものをご用意ください。

便利なスターターキットも用意しておりますので、必要に応じてご購入ください。
<テント・ストーブの組み立て>
– ガイロープ(スターターキット同梱品)
– ペグ(スターターキット同梱品)
– 作業用手袋
– ペグハンマー(プラスチックを除く)

<ストーブの燃焼>
– 着火剤
– ライターやマッチ等の着火道具
– 焚きつけ用の細枝
– 燃焼用の薪(長さ40cm以内。針葉樹と広葉樹をバランスよく)
– 薪ばさみ
– 灰スコップ
– 火消しつぼ
– 消火用バケツ
– 耐熱耐火グローブ

<入浴>
– タオル
– 水着
– サンダル
– 水分補給用のドリンク
– テント内の着座用ベンチ
– 消火用の水が入ったバケツ

<ロウリュ>
– ケトルや柄杓
– 水桶

薪はなんでもいいの?

火持ちの良い広葉樹(ナラ・クヌギ・サクラ・アカシア・クリ・ケヤキ等)がおすすめです。着火はしずらいのですが、火持ちがとても良く、特にナラ・クヌギですと薪を継ぎ足す必要がぐんと減ります。 逆に針葉樹(スギ・ヒノキ・アカマツ・カラマツ等)は着火はしやすいですが火持ちが悪く、多くのヤニが含まれている為ストーブ内が詰まりやすくなります

天気は関係なく遊べる?

強風や降雪等の荒天時には使用しないでください。 風を遮るものがない平地や標高が高い場所では、強風によりテントが飛ばされる可能性があるので、強風の危険性がないかを十分確認した上で使用してください。 降雪によりテントサウナの煙突が塞がれる可能性がある場合や、雪の重みでテントサウナが倒壊する可能性がある場合は、テントサウナを使用しないでください。

子どももサウナを楽しめる?

子どもでも楽しめますが、大人よりも体が弱いため温度を下げるなどの配慮が必要です。必ず大人が同伴し、子どもだけでの利用は避けてください また、川辺などの水辺で行う場合は水難事故が起きないように注意してください。

その他

Coming Soon…